【3/29(月)、4/27(火)、5/26(水)】大祈願を唱える会

「大祈願を一緒に唱えて瞑想する会」を今年もZoom開催いたします。

3月29日(月)21:40~22:40
4月27日(火)21:40~22:40
5月26日(水)21:40~22:40

https://us02web.zoom.us/j/201670088(ID 201-670-088) 
パスコード 137137
※ZoomURLが古かったため、3/29(月)19:30に修正しました。

真摯に意識を高め、人類のために祈りたい、
というお気持ちのある方なら、どなたでもご参加いただけます。
※定員100名まで

以下、https://ameblo.jp/spiken777/entry-12662208967.html より転載。

ー ー ー ー ー ー ー ー ー ー ー ー ー ー ー

秘教では、今の文明がリセットされ、
アクエリアス時代が本格的にスタートする際には、
世界中の大宗教はその形態を維持しつつも、
失われてきた本質な霊性が取り戻され、その中から
「新しい世界宗教」が現れてくると言われます。

その「新しい世界宗教」において重視されるのが、
ハイラーキーとつながる最適な機会を提供する
「満月祭」とされており、その中でも、
牡羊座から双子座までの3回の満月のときが、
「春の3大祭り」として最も重視されることになるとのこと。

「新しい世界宗教では、毎月満月の日に
神に向かって強く統一された接近を行うでしょう。
 特に春の三大祭りの四月(白羊宮)、五月(金牛宮)、六月(双子宮)において、
世界中でそれらの祭りが同時に祝われるのです。
 その接近が積み重なった結果がどんなものか、想像がつくでしょう。
 人類は覚者の弟子たちから大いなる祈願の術を教えられ、
それが現在の祈りや崇拝にとって変わり、
神への統一された呼び掛けが行われるようになります。
 大いなる接近が神から人類へなされるでしょう。
 この非常に科学的な祈願の方法によって、
新しい宗教は、イニシエーションの手順を通して、
人間を神の心により近づけるのです。
 イニシエーションによって、神の心に対する見識が深まり、
神の特質がますます多くのイニシエートによって現されていくでしょう。」

 (B.クレーム著、『世界大師[マイトレーヤ]と覚者方の降臨』)

来るべき新しい時代には、この春の3大祭りおよび他の満月祭に、
世界中のあらゆる人たちがそろって瞑想し、
高所からの霊的なエネルギーの授受を行うようになる、
ということなのですが、

まだ十分に有効な瞑想ができない場合が多いこともあり、
今の時代特に、より確実に有効な方法として、昨年に引き続き、
「大祈願を一緒に唱えて瞑想する会」を、
今年もZoom開催したいと思います。

「大祈願」に関しては、その言葉の意味を、
3月27日(土)19:00にアップする、
奈美さんとの「ツッコミ」動画で解説する予定です。

参加に当たっては、真摯に意識を高め、人類のために祈りたい、
というお気持ちのある方なら、どなたでも結構です。

(事前に動画を見ていただき、一語一語の意味を理解することにより、
 より集中しやすくなると思いますが、必須ではありません。)

積極的なご参加を、お待ちしております。

Follow me!